成長ホルモンの豊胸効果について

成長ホルモンの分泌を高めることで豊胸効果はあるのでしょうか。また、20代をすぎても胸は大きくなるのか・・・など、気になる人もいるはずです。ここでは、成長ホルモンがバストに与える影響などについて触れていきます。

成長ホルモンの豊胸効果

あなたが女性ならバストに悩みを抱えていませんか?

バストについては、20代は20代の悩みがあり40代は40代の悩みがあるものです。
バストアップは女性にとって興味深い話題です。

美しいハリのあるバストは女性の象徴でもありますから、エクササイズやサプリメント、マッサージなど色々な方法も開発されています。

そこで標題どおり、成長ホルモンの豊胸効果について、です。

成長ホルモンはその名の通り体を成長させる働きのあるホルモンですから、もちろん体の一部であるバストを大きくさせることができます。

ただ、成長ホルモンが分泌されていると誰もがバストが大きくなる、という訳ではありません。
それは、分泌された成長ホルモンを受け止める、受容体というものが必要となるからです。

体の仕組みで言うと、まず視床下部から成長ホルモンが分泌され、それぞれ必要とされる場所に運ばれます。
そして必要とされる場所であるバストの場合、分泌された成長ホルモンをラクトゲン受容体が受け止め、バストの成長を促すのです。

ですがこのラクトゲン受容体がしっかりと成熟していないといくら成長ホルモンが分泌されていてもバストは大きくなりません。

「成長ホルモン」の分泌と、それを受け止める「ラクトゲン受容体」の成熟、この両方をクリアすることではじめてバストの成長が行われるのです。

ちなみにこのラクトゲン受容体、一般的に10〜30歳までの間に成熟を迎えます。
つまり、成長期が終わり成人した女性でも成長期と同じ位成長ホルモンの分泌をアップさせたらバストサイズをアップさせることが可能となるようです。

成長ホルモンの分泌を高める方法

さて、成長ホルモンの分泌を高める方法などあるのでしょうか?

実は、簡単にお金をかけなくても成長ホルモンの分泌を高める方法があります。

それは早寝早起きです。
良い睡眠を適切に取ることです。

寝る子が育つと言われるように、成長ホルモンは夜寝ている時に分泌されています。

特に夜の10:00頃から深夜2:00頃にかけてが成長ホルモンが活発に分泌される時間帯です。
この時間帯に起きていると成長ホルモンの分泌は期待できませんので、早寝早起きするように心がけるようにしましょう。

自律神経に働きかけ、成長ホルモンの分泌を高めたい。

良質な睡眠を手に入れたい。

女性ホルモンを活発にさせたい。

形の良いバストにするための方法

ただ大きいだけのバストに魅力はない、と思いませんか?

バストは形が大切です。

プラを外したらダラリとしていた、なんて最悪です。

あなたは、ダラリ下に垂れ下がったバストを見た男性の心の中を想像できるでしょうか。
正直なところ、ダラリと垂れ下がっるぐらいなら小さなバストの方がまだましと思う男性は多いはず。

そこで、形の良いバストを作る方法をご紹介したいと思います。
それは補正下着です。最近では安くて品質の良いものがたくさん出ています。

補正下着にはさまざまな効果が期待できますが、どのような効果があるのかご存知でしょうか。

美肌も手に入れる方法

女性なら、バストだけ良くてもダメです。
美しい肌も伴ってなければ、男性はがっくりするといいます。
ガサガサの肌。
毛が生えたまるで男性のような肌。
これでは、バストが良くても引かれてしまいます。
そこで、肌をきれいにすることが大切なのですが、一般的に美肌になるためには、化粧品などです。
しかし、化粧品以外に美肌にするための意外な方法があるのをご存知でしょうか?
それが脱毛です。
脱毛することでお肌がきれいになるのです。
ここでは、詳しく説明しませんので、興味のある方は、美肌マップで学んでください。

成長ホルモンの豊胸効果